カンニングという行為は、試験という制度が始まったと同時に発生したと思われますが、電子的な通信手段の急激な発達により、益々手段が多様化しているようです。カンニングには、携帯電話が使えないように妨害機を発信するという対策を取る場合もあります。(但しこれは不法無線局開設でもあり、実施者 が電波法違反に問われる両刃の剣である)」と書いてありますが、かなり以前から合法的な圏外装置も使用されています。

携帯電話ジャマーのスイッチを押せば、彼らの悪行を防げます!カモフラージュされているし、ポケットサイズなのでバレる心配もありません。使い方は簡単でスイッチを押すだけ!インストールやアップデートの必要も無いので管理がとても楽ですね!

GPS電波遮断機

米軍機のGPS電波 ジャマーは安くて簡単です。いざ戦争のとき爆弾が命中しなくなる可能性もあります。ネット通販で30ドル程度の装置を買い、ちょっとした技術を使えば軍のGPS(衛星利用測位システム)シグナルは妨害できる。このことは軍事機密とはいえないほどよく知られている。

電波妨害装置は全地球測位システムの普及に伴って用いられるようになり、その主な目的はGPSの電波送信が妨害して現在地を確認できなくするこ とだということです。NTC&ロジスティクス社のデータによると、昨年だけで1万5000件以上のトラック貨物強盗が確認されており、被害総額は10億レアルにも 上ると計算されている。

携帯電話がつながりにくいって言うのは単純に近くに携帯の基地局が無いか、基地局の位置が悪く電波が届きにくいだけでしょう。電磁放射線から人体への影響を減るためには、一部分の住民が様々な携帯電話ジャマーを購入し、この行動は関係専門家から見ればなかなか科学的なやり方です。 自分の部屋も何か不審ものがあると感じて、或いは電話で通話している時に雑音があり、これは気のせいではありません。

https://www.dailystrength.org/journals/kanninguwoyi-zhi-surufang-fa

http://richer.edublogs.org/2016/08/30/