発明されたミノックスはその優れた撮影能力、特に書類の複写能力に長けていたため格好のスパイカメラとして各国の諜報機関に引っ張りだこになりました。

最短撮影距離20cmまで寄れてしかもパララックスも自動補正されるので、ミノックスにミニコピーフィルムを装填して書類を複写すれば特別な撮影機材なしに簡単にマイクロフィルムが作れるのです。実際にミノックスを使って重要書類をマイクロフィルム化して外国に情報を売り渡していたスパイ事件は何例も知られています。

超小型隠しカメラ

子供の頃に夢だったスパイカメラが現実になりました。一見すると普通のダイバーウォッチですが、面白いビデオカメラ内蔵腕時計を発見します。動画の撮影ができる防水ビデオカメラ内蔵腕時計です。ビデオ撮影だけでなく、写真撮影、録音も可能です。

隠しカメラは通常のスマホ同様に本体背面に装備されていますが、それとは別に本体先端(頭部分です)にも隠しレンズとして装備されています。
先端にレンズが有ることで携帯を操作しながら、正面の被写体を撮影する事が可能となります。 探偵業向け商材ですので絶対に盗撮には使用しないようお願い致します。

それと、時計型カメラは、ベルトの調整が出来るかの確認が必要です。普通の時計では当たり前ですが、出来ないものが多数あります。これは、ネットや実際に販売をしている所でも把握していないですし、説明していない事が普通ですので、買ったけどブカブカで調節も出来ず、実際には使用できないので、そのままお蔵行きもあります。 また時計型のUSBは特殊ピン型ですので、パソコンの認識がきわどいのもあり、中々認識をしてくれなかったりします。認識しないのもあります。パソコンの愛称も多いです。時計型カメラを購入したいのであれば、実際に1回の購入で満足出来るものは難しいと思います。

駅やデパート、映画館などは、どのような超小型カメラが販売をしているか勉強をしています。
発明されたミノックスはその優れた撮影能力、特に書類の複写能力に長けていたため格好のスパイカメラとして各国の諜報機関に引っ張りだこになりました。


800万画素とか1200万画素とかありますが、使えなかったらただのUSBで充電する腕時計です。
あ、ご質問の画質ですが、800万画素あればOKです。
金額も、一昔前や、コピー品なら4000円ぐらいからありますし、最新型の暗視画像も撮影出来るのであれば20000円以上まであります。特注品なら、20万です。