携帯電話ジャマーはいつ頃から販売されたのでしょうか? ネットではマナーの悪い携帯利用者を懲らしめる為的な感じて紹介されてるのですが、こっちからしたら、かなり迷惑になります。自分は音を出しては行けない所では常にサイレントにしてますし、電波を飛ばせない所ではフライトモードにしてます。当たり前の事を当たり前にやってます。

授業中にジャミング装置を使ったのはあくまで教育目的であり、こっそり携帯電話を使っている生徒がいると、その都度授業を中断して注意しなければいけないため、生徒全員の集中を低下させてしまうと考えたとのことです。さらに、注意しても諦めない生徒については記録が残され、一定数に達した生徒は課外授業などへ参加できなくなるため、このような事情を考慮した結果としてwifi 妨害の使用に至ったということを説明しています 。


一旦カンニング行為を発見したら、直ちに入学資格を取り消しします。これらの対応装置は非常に手頃な価格 で、とてもお買い得です。少ない予算の人さえ買う事ができると考えています。

GPS電波遮断機

かねてより携帯電話を使った不正受験が自動車運転免許の学科試験で相次いだため、警視庁では都内の運転試験場に「通信機能抑止装置」の設置を検討していました。これを受け、10月25日に関東総合通信局では、運転試験場では全国初となる携帯電話の通話を抑止する実験試験局を免許しました。

今日ではさまざまな機器に GPS が搭載されている。これらは ATM など意外な機器でも使われているが、「30 ドルで販売されている GPSジャマー」で GPS 電波を妨害することで、身近な機器を簡単に暴走させられるます。

運転しながら携帯電話で通話する事は違法ではないのです。その問題を解決しようと、。通勤中に携帯電話妨害機(ジャマー)を使用し、高速自動車道を走行する。目的は、運転中の通話やメールのやり取り、SNSの確認を阻止することだと思われます。

携帯電話等の基地局からの電波の強さは場所によって異なりますが、一定の範囲で携帯電話等の通信機能を抑止しようとすると、最も電波の強いところでも抑止できる(携帯電話の基地局からの電波に対抗できる、強い妨害電波を発射できる)よう設計しなければなりません。結果として、このような設備は電波法の規定でいう「微弱」を越えることになり、免許が必要です。ある程度の信頼性は確保されていると思います。

 

関連サイト

http://tenniss.hitachilog.jp/index.php?module=blog&eid=13407

http://tblo.tennis365.net/qwaszx/?p=11